FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://honduras73.blog.fc2.com/tb.php/562-e7228e1c

03

26

コメント

ホンジュラスで学んだこと② 価値観

「日本の常識は、世界の常識じゃない。」
これはよく言われることだけど、本当にその通り。

時間 幸せ 家族と友人関係 習慣 仕事 清潔感 お金 能力 健康
どれをとっても、価値観が日本とは違う。



その一番分かりやすいのが、時間
バスの時刻が何となくしか決まってない。
そして、その時間に遅れることは当たり前。または、すでに行ってしまってたりする。さらには、急に運休したりする。
だから時間に合わせて、ちょうど間に合うように家を出ても、いつも待たされた。そしていつも、イライラしてた。

でも、ホンジュラス人に言わせれば
「べつに待てばいいじゃん?」である。

でも、↑こんなことすら実際には言わないけどね。私がイライラしながら「バスは一体いつ来るのさ!?」と聞くと、「もうすぐ来るさ」「ほら、じきに来るよ~」と言ってくれる。この言葉すら当てにはならないのだけど、のんびりとこんな風に言われると、イライラしている自分がおかしいのかなと思えてくる。

実際、ホンジュラス人は文句一つ言わず、ボケーっと待つ。一時間でも二時間でも。
まさに べつに待てばいいじゃん。それで死ぬわけでもあるまいし。 の体現。


時は金なり!? いやいや、時間なんて取るに足らないことなのよ
待たせるのも待つのも平気。 だってそれよりも大切なことがあるでしょ
それが彼らの考え方。ね、悪くないでしょ?

そんな私も、最後は平気で二時間は待てるようになったな。
まぁいつかそのうち・・・ そう思えたら、時間のことでイライラしなくなった。
よく考えたら、些細なことでイライラしないってことが大事だよなぁと思う。



日本に暮らしている時には気付かなかったけど、日本にはたくさんの「当たり前」があって、その中で自然に暮らしてきていたんだな。日本を出てみて、そういう日本の「当たり前の価値観」が全く「当たり前」じゃないことに気付いたし、そもそも人々が「当たり前」の中で暮らしてないことに驚かされた。


価値観―
結局、日本人が均一の価値観をもちすぎで、それでもって「価値観」というものに囚われすぎで、本当は「価値観」や「考え」なんて、個人で違うものだよなぁー という結論。a-DSC06743.jpg
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://honduras73.blog.fc2.com/tb.php/562-e7228e1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。