--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

31

コメント

おわりに

2011年4月6日にはじめたこの『オラ!とウータン!のホンジュラス日記』、とうとうこれが最後です。

これまでの記事、555件
私が協力隊員として活動してきた2年間をここに詰め込んできました。

今、最後の記事を書きながら、いよいよ終わってしまうのか…と、寂しい気持ちでいっぱいです。



はじめは家族や友人、同僚や教え子に、ホンジュラスのことを知らせるために書き始めたブログだったのにもかかわらず、いつの間にか自分の為になっていた部分があります。

たとえば、牛乳にあたったり、お肉が買えなかったり、半径40km以内に一人も日本人がいなかったり、シャワーが水だったり、停電や断水に見舞われたり、とホンジュラスでの生活は楽しいことばかりではありませんでしたが、それを記事にすることで、笑いに変えることができました。
怖かった強盗事件でさえも、すぐに「共有したい経験の一つ」になりました。


一人で乗り越えたというよりも、ブログがあったから、それを読んでくれる人がいたから、頑張れたのだと思います。


2012年11月末からつけたカウンターも、総数ではありますが7000を越えました。
本当に多くの方に読んでいただけたこと、そして、コメントやメッセージをいただけたことは、陸の孤島にいた私にとって大きな励みになりました。
ホンジュラスという、日本にとっては 全く!馴染みのない国のことを、少しでも知っていただけたなら、最高に嬉しいです。



数年後、数十年後、いつかホンジュラスがもう少し安全な国になったら、ぜひもう一度行ってみたいと思います。
貧しいながらも、人々がやさしく、素朴で、ゆったりと生活しているホンジュラス。
日本とはまた違う、素敵な国。

カリブ海は ホントもうサイコー! 世界で唯一の楽園!!
a-IMG_9282.jpg

そして、この子ども達の素敵な笑顔に会いたいです。
a-IMG_6496.jpg a-DSC05724.jpg a-DSC05976.jpg a-IMG_5637.jpg a-IMG_5814.jpg a-IMG_5817.jpg a-IMG_5820.jpg a-IMG_5984.jpga-IMG_6193.jpg a-DSC06050.jpg a-DSC06203.jpg a-IMG_4692.jpg a-IMG_8601.jpg a-IMG_6197.jpg a-IMG_8797.jpg a-IMG_6200_20130401202039.jpg a-IMG_8772.jpg a-IMG_6283.jpg a-IMG_8031.jpg a-IMG_5018.jpg a-IMG_6202.jpg a-IMG_8101.jpg a-IMG_6476_20130401200853.jpg a-IMG_5855.jpg a-IMG_5834_20130401200854.jpg a-DSC06365.jpg a-DSC06236.jpg a-IMG_4557.jpg a-DSC06230.jpg a-IMG_5468_20130401200330.jpg a-IMG_4625.jpg a-IMG_6490.jpg a-DSC05719.jpg a-DSC06153.jpg a-DSC05982_20130401200255.jpg  a-IMG_4558.jpg a-IMG_5638.jpg a-IMG_5599.jpg a-IMG_5631.jpg a-IMG_5478_20130401200605.jpg a-IMG_5633.jpg a-IMG_5822.jpg a-IMG_5481.jpg a-IMG_5746.jpg a-IMG_5813.jpg a-IMG_5641.jpg a-DSC00230_20130401224009.jpg a-DSC08921.jpg a-DSC06195.jpg a-DSC08273.jpg a-DSC09015_20130401224008.jpg a-IMG_5808_20130401224128.jpg a-DSC09029_20130401224128.jpg a-IMG_5802_20130401224130.jpg a-DSC09233_20130401224130.jpg a-IMG_9798_20130401224128.jpg a-IMG_9824_20130401224335.jpg a-IMG_9843.jpg




この多くの出会いに感謝して、ブログの締めくくりとします。
今まで読んでくださったみなさん、どうもありがとうございました。

2013年3月31日
Nami Yokota
スポンサーサイト

03

30

コメント

日本という国

ちょっと偉そうに日本について語ります。

離れていて、帰ってきて、気づいたこと
日本って・・・すっごい整っている!!


飛行機から見えた木々の整列。
時間通りに運行する電車・バス。
コンビニに陳列された商品。
ゴミ一つ落ちていない道路。
清潔感とトイレットペーパーのある公衆トイレ。

見た目だけじゃない
整えられた社会制度。
幼い頃から躾けられる規範・道徳心。
誰もが学校に通える教育制度。


ホント、すごい。
こりゃ立派なもんだよ、アンタ。


でも、きっちりしすぎて、つらいところもある。
窮屈すぎて、苦しい時もある。
時間通り 決まり通り 約束通り 常識通り 順序通り ・・・

えぇい もっと のんび~り いこ~よ~
ちょっとくらい はみ出してもいいじゃ~ん と思う。


誰にだって、良いところがあるように、日本にだって良いところはたくさんある。
でも、同じように良くないところもある。

良いところは伸ばしましょう
悪いところは他に学びましょう

a-IMG_8177.jpg

体育の時間、ボールはクラスに一つだけ。
だからボールが回ってくると、こんなに嬉しそう。

03

29

コメント

協力隊のススメ

協力隊での二年間は、本当に貴重な経験だった。

一言では到底、言い表せないほどの様々な学びがあった。
人と出会い、語り合うことができた。
考えさせられる事実と、考える時間があった。
いつも喜びと楽しさがあった。

もちろん、大変なこともあった。
語学の習得
不便な生活環境
慣れない人間関係
思ったほど必要とされていない自分の存在
できることの少なさ

実際に、この二年間で私ができたことなんて、ほんのわずかだった。
でも、やったこと全てが義務でも強制でもなく、必要性意思によってのものだった。
それだけでも、私にとっては十分意味のある二年間の活動だった。



二年間は、終わってしまえばあっという間で、帰国してしまえば、まるで少し長い夢から覚めたような気分になっている。
あの場所で過ごしたことが、すでにちょっと遠く感じている。

しかし、心の中に残っている思い出や喜びや充実感は、きっとこの先も変わらず、私の糧になってくれるはず。




今年度の協力隊への参加希望者が激減したと聞いた。
「小学校教諭」という職種100人以上の募集要員に対し、40人強しか集まらなかったという。さらに、その中から選考で20名しか受からなかったそうだ。

二年間日本を離れることに抵抗をもつ青年たちの気持ちはわからなくもない。
私だって、不安と迷いを抱えながらJICAの申込書を書いたから。

しかし!! 大きな声で言いたい。
協力隊に行くべし。
狭い日本から出るべし。
たくさんの人に出会い、学ぶべし。

失うものより得るものの方が、はるかに多い。


a-IMG_9858_20130401053143.jpg

一番上の得意気な女の子と
支えている下の子たちも楽しげなのが印象的
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。